習い事

逆上がりができない!腕が伸びる理由と練習方法を解説。補助ベルトの使い方とタオルでの代用について。

逆上がり。

男の子にとっては、とても大事な鉄棒の技。

これができるできないで人生が変わると言っても過言ではない!(言い過ぎ?

うちの息子はちょっぴり運動が苦手なので

体操教室に通っています。

こちらの記事もご参考に。

でんぐり返しは何歳からできる?首が痛くならない教え方のコツと、起き上がれないときの対処法について

 

うちの息子が逆上がりができるようになったのは小学校に入ってからです。

成長すればできるようになりますから、

がんばりましょう。



逆上がりができない!腕が伸びる理由について

逆上がりも年齢関係なく、小さい子でも

くるっと簡単に回っていますよね。

うちの息子は全然ですが。。。

息子の場合は、腕が伸び切ってしまって

お尻が下から全然上がらず、

これはどうやっても無理でしょ。

っていう状態でした。

体操教室でも、先生がお尻を持ち上げてくれて

なんとか回れるといった状態。

自力で回れるなんて一生無理なのではと思いました。

 

「足をけるときに腕を曲げてー」って言っても

どうしてもできません。

 

体操の先生に相談するも

「体を引っ張り上げるほどの筋力が腕にないので

今は仕方ないですねー」

とのこと。

これはあきらめるしかないのか、と残念な気持ちに。

 

先生の説明では、

腕の力を適切に使えるようになるには、ある程度の成長が必要

ということでした。

 

逆上がりの効果的な練習方法を解説。

じゃあどうしたらいいのか。

とにかく回る感覚をつかむために

補助ありでなんども繰り返し練習するのがいいとのことです。

 

鉄棒を低くして、お尻を持ち上げてあげれば

腕の力を使わずとも回ることは可能です。

 

まず親の補助ありで回ることが逆上がり成功の第一歩です。

逆上がりで補助ベルトの使い方。

補助ありで回ることに抵抗がなくなれば、

次は補助ベルトの出番です。

補助ベルトってこういうやつです。

(クリックすると楽天のページに飛びます)

 

 

おへそを鉄棒に近づけるっていう基本を

補助してくれるベルトですね。

だいたい長さが調節できて、

長くすればおへそと鉄棒が離れるので、難易度が上がります。

 

最初は一番短く調節して、自力でできるようになるまで

練習です。

息子もコツをつかめば自力で回れるようになりました。

ぐぐぐぐぐっと腹筋を使って足を上に上げていくイメージですね。

腕の力を使わずとも逆上がり可能です。



逆上がりで使用する補助ベルト、タオルで代用できる?

ちなみに補助ベルトがない場合、タオルでも代用可能ですよ。

外れてけがしないように、しっかり括り付けてください。

わたしは万が一けがするといけないので、補助ベルトを購入しました。

これで逆上がりができるようになるなら安いもんです。

逆上がりのコツ、しっかり蹴って、腕を引いて、ぐっと回転する

逆上がりのコツは以下の3点です。

  • 地面をしっかり蹴る
  • 腕をぐっと引いて体を鉄棒に近づける
  • 頭を後ろに倒して回転する

理屈でいえばこれでできます。

わたしもこの3点を意識したら、20年以上ぶりですが

逆上がりできました。

(自分でもびっくりしました)

 

子どもの場合、必要な筋力が成長していないので

どうしてもできない時期はあります。

 

特に腕の力を使うというのは子供には難しいらしく

説明してもできないようです。

 

なので、まずは腕の力を必要としなくても逆上がりができる、

親の補助や、補助ベルトなどが有効ですね。

 

そのあとは、補助板ですね。

うちの場合はパパのふとももを台にして

自分の力で蹴り上げる練習を繰り返しました。

ふとももの高さで鉄棒までの距離を調節できるので

少しずつ低くして、蹴る力が足りるか足りないか

微妙なところで練習しました。

 

最終的には、体幹が成長して、自分の体をしっかり使える

ようになれば、

逆上がりの感覚はつかめていたので、

自力でできるようになりました。

 

うちの息子は小学校に入ってからできるようになりました。

あきらめずに頑張りましょう。

 

では。



 

 

-習い事

© 2022 ハーベストブログ Powered by AFFINGER5