習い事

くもんはいつまで続けるべき?進度表の確認と退会の手続きのご案内

習い事として常に人気のある「公文」。

うちは子どもが3人いるのですが、2人通っています。

定着すればとても効果のある習い事になりますね!

 

でも、いつまで続けたらいいのかと悩んでいるママさんも多いとのこと。

ちょうどうちの長男が小学校を卒業するタイミングになりましたので、

私の経験から、公文をいつまで続けるべきか、考えをシェアします。

 

公文をいつまで続けるべきか、悩んでいる方はぜひ参考にしてください!



くもんはいつまで続けるべきか

結論を言うと、「小3の3学期まで」です。

 

中学受験を考えている方は、小3の2月から塾に入れるべきです。

そうなると、公文との両立はとても無理なので

小3までが限界かと。

小3まで公文→小4から塾 の流れが理想です。

 

何もせずいきなり小4から塾に入ると、

まず算数でつまづきます(うちの長男です)。

 

とにかく分数の計算、通分を教えるのが大変でした。

子どもには理屈を教えるのではなく、

分数の計算はこういうものだって繰り返し

やらせるのが効果的ですね。

 

そういった意味ではくもんの学習は最適です。

なんだかよくわからなくても、計算方法はマスター出来ます。

 

その後、成長するにつれて理屈も理解できますからね。

 

公文で分数まで終わらせておけば、まずは安心です。

小3までには終わっているはずです。

 

では中学受験をしない場合は?

その場合は特にこだわる必要はありませんが、

コツコツ続けてきたなら、小4の途中で

小学生の範囲はほぼ終わっているかと思います。

 

そのあと、中学の勉強を先取りするか、

別の習い事をするかは、各ご家庭の方針で

じっくり考えていただけたらと。

くもんの進度表を確認しよう。トロフィーはもらえるかな?

公文の進度表を見ていただくと、算数の場合

小3の3月の3学年先(つまり小6の3月)は、F200です。

進度表がお手元にない方は、下の表を参照ください。

(くもんHPからの引用です)

で、算数のFといえば、

「分数」

です。(小数もあるけど)

 

ちなみに、次のGに入ると、マイナスを扱ったり

文字式や一次方程式となり、もういいかなってなります。

 

なので、私の結論は、

公文をいつまで続けるか? → 「小3の3学期またはFが終わるまで」

です。

 

わたしの息子は小2の途中で「F」に入りました。

(国語も算数も)

小1から毎日コツコツ5枚から10枚続けていけば

多少前後するものの、このくらいの進捗になります。

 

なかなか進まない場合は、

一度くもんの先生に相談した方がいいです。

 

くもんはおうちでの学習がメインですので、

進まないと毎日のプリントが苦痛になり、

お母さんの負担がとんでもないことになります。

 

1枚でも2枚でも毎日継続できれば

確実に力がついていくのですが、

それをやるお母さんの苦労は計り知れません。

 

わたしは低学年の習い事にくもんをおススメしていますが、

すべてのお子さんに合うかどうかはまた別ですから。

軌道に乗せるまでが大変なんですよね。

進んで勉強してくれる子だったらいいのですが。

そんなわけないですからね。

 

ちなみに小3でF200をクリアすれば、トロフィーがもらえます。

頑張って!!

(公文のHPで確認すると、トロフィーではなくオブジェとよぶそうです)

 

くもん退会の手続き方法、いつまでに言えばいい?

退会の手続きは、以下の通りです。

退会される場合は、退会される月の前月末日までに、直接、教室の指導者へお申し出ください。

余裕をもって月末少し前にお伝えするようにしましょう。

 

公文は毎日宿題がありますから、これに慣れてしまうと

辞めた時に手持無沙汰になってしまいますね。

 

ただ辞めるのではなく、次の学習スタイルを決めてから

辞めるのが理想です。

勉強じゃなくてほかの習い事でもいいですね!

 

では。



-習い事

© 2022 ハーベストブログ Powered by AFFINGER5