生活

片栗粉と薄力粉の違いをチェック。見た目は同じ?代用できる?からあげに使うのはどっち?ついでに強力粉と小麦粉も調べたよ。

片栗粉が確か家にあったなぁと思って探してみたら

薄力粉だった!

ってことありますよね?ありますよね!

わたしだけじゃないですよね?

片栗粉と薄力粉って何が違うん?代用できる?って疑問に思ったので、調べました!

ぜひ参考にしてください!



片栗粉と薄力粉の違いについて

片栗粉と薄力粉を説明すると、こちらのようになります。

 

〇片栗粉・・・精製されたデンプンのこと。ジャガイモから製造されたものが多い。

〇薄力粉・・・小麦粉の種類の中の一つ。小麦を挽いて製粉される。

 

ジャガイモと小麦。原料が全然違いますね。見た目は同じ白い粉ですが、

見た目で判別できるのでしょうか。

片栗粉と薄力粉の見た目は同じ?判別できる?

まず見た目ですが、

片栗粉は真っ白、薄力粉は少し黄色がかっています。

(見比べればわかります)

 

また片栗粉の方が、粒子が細かいです。

つかんでみると、片栗粉の方が感触が滑らかで、さらさらしています。

上から押してみると、ギシギシときしむ感じで

雪を踏んだみたいな音がする方が片栗粉です。

 

見た目ではわかりにくいかと思いきや、

粒子径が全然違うので、意外とわかると思いますよ。

細かくてキュッキュとしているのが片栗粉です。

片栗粉と薄力粉は代用できる?

では、片栗粉と薄力粉は代用できるのでしょうか。

料理にもよりますが、基本代用可能です。

 

え?本当?と思いました?

わたしも大丈夫かなと思いましたが、

だいたい大丈夫でした。

 

レシピに薄力粉を~とか片栗粉を~とか書いてあっても

代用で何とか成立します(ドン!

 

ただ、片栗粉の方がとろみがついてしまいます。

とろみが必要なところに薄力粉では物足りませんが、

まあ何とかなります(ドン!(もう1回)

 

何もないよりはましです。

まあちょっととろみはあきらめた方がいいかも(-_-;)

 

原料が違うので意外なのですが、

結構代用できるのでぜひやってみてください。



片栗粉と薄力粉、から揚げに使うのはどっち?

からあげには薄力粉っていう人がほとんどだと思いますが、

からあげに片栗粉と薄力粉、どちらを使うのがいいのでしょうか。

 

わたし的正解は、「どちらでもいい」(オイ!

それぞれ特徴がありますので、紹介します。

 

〇片栗粉100%の場合

サクサクとした衣になりますが、時間が経つとべたっとして食感がわるくなります。

お弁当に入れるときには向かないですね。

すぐ食べる分にはサクサクでいいですよ!

 

〇薄力粉100%の場合

しっとりやわらかい衣になります。また、ガリっとした衣にしたい場合は

薄力粉の衣を厚めにつけるのがよいです。

 

ということで、片栗粉、薄力粉それぞれ特徴がありますので、

配分を自分好みに合わせて使用してはいかがでしょうか。

自分だけの食感が得られますよ!

 

片栗粉、薄力粉、強力粉、小麦粉の違いをまとめたよ

わたし的結論は、「片栗粉と薄力粉、だいたい代用可能(アバウト)」です。

ほかに強力粉やそもそも小麦粉ってありますよね。

それぞれ調べましたので、参照ください。

 

まず、薄力粉と強力粉は小麦粉の種類の一つです。あと中力粉もあります。

違いはタンパク質含有量(グルテン)の割合の違いです。

薄力粉・・・6.5%~9.0%前後 お菓子や天ぷら

中力粉・・・9%前後 うどんや餃子の皮

強力粉・・・11.5%~13.0%前後 パンやピザ

 

全部小麦粉ですが、

お菓子やてんぷらには薄力粉、

うどんや餃子の皮には中力粉

パンやピザには強力粉

が適しています。

 

ちなみに日本でレシピに小麦粉と書いてあれば、

たいてい薄力粉のことです。

 

片栗粉はこれら小麦粉とは原料から異なります。

 

それぞれに適したレシピ、料理がありますが、

自分で試してみて、代用できるか

試食してみるのも楽しいですよ。

 

では。





 

-生活

© 2022 ハーベストブログ Powered by AFFINGER5