本サイトでは、ストレスが溜まらない、だけどしっかりと野菜嫌いを克服出来る方法をご紹介しますね。

MENU

「食育」という言葉にあるように、子育てにおいて食べることは基本的なこと。だから、色とりどりの野菜を囲んだ楽しい食事の時間にする。でも、野菜嫌いなお子様を持つママさん・パパさんにとっては、それが苦痛の時間になるようです。


そんな親御さんのために、お子様の野菜嫌い克服する方法を見ていきましょう。

 

たかが野菜嫌い、されど野菜嫌い

キッチンに並べられた野菜


親御さん自身にも嫌いな食べ物があるし、こどもの頃嫌いだったものでも大人になってから食べれられるようになったものもある!と、さほどお子様の野菜嫌いを重要視していない人も少なくはないのではないでしょうか。

 

それほど、こどもの野菜嫌いを克服するのは大変なイメージがありますし、思ったように結果が出ないのも子育てのあるある。


だからと言って、楽観的に考えて何もしないというのはおススメしません。なぜなら、昔と今は違うからです。

 

昔と今では栄養価が違う?

胡瓜や人参の味が昔よりも薄くなったと感じている人はいませんか?

 

それもそのはず、昔に比べると栄養価が全然違います。胡瓜や人参だけでなく、野菜そのものの栄養価が昔と比べると半分以下になっているという事実があります。

 

これは、旬じゃない時期に植えられて、一年中休みなく収穫されている農家事情ももちろんありますが、そもそも土壌自体が汚染されていて、土に栄養がないのです。土に栄養がないのならどうしようもないですよね。

 

食品添加物が増えている

それなのに、時代と共に、安価にそして効率よく、より多くの消費者に供給するために、日本の食卓には食品添加物が入った食事が並ぶようになります。

 

食品添加物によって、原材料のコスト削減が出来たり、保存性の向上が実現出来たりするなどのメリットはもちろんありますが、人体のことを考えるとデメリットばかり。

 

特にこどもは、身体が小さいので食品添加物の影響を受けやすく、外へ排出する力も弱いと言われています。

 

だから、野菜は摂った方が良い

このように昔と今では、野菜の栄養価も違いますし、食品添加物が人体へ入ってくる割合も違います。

 

なので、昔の「野菜嫌い」と今の「野菜嫌い」の感覚が全く別物だという認識が必要なのです。

 

「たかが野菜嫌い」と言って、甘くみていると、こどもの免疫力が低下し様々な病気を招く原因にもなりかねません。まずは、「されど野菜嫌い」という認識を持って、野菜嫌いなお子様と向き合うことが大切なのですよ。

 

 

 

だからといって無理矢理食べさせるのは心苦しいですし、食べないことを叱ってしまうと余計に子供は野菜を食べなくなってしまいます。

 

子供が納得して野菜を食べてくれるようになるには、親である自分たちが子供のこを理解することが先決です。そんなときにはお子様との良いコミュニケーションの取り方を模索してみましょう。

 

→親が子供を理解するために意識するべき考え方とは

 

 

それでも不足する栄養素はサプリメントで!

サプリメント

 

もし野菜嫌いを克服出来たとしても、野菜の栄養価が昔の半分以下であれば、子どもに充分な栄養を与えているとは言えませんよね。だから手軽に摂れるサプリメントが今注目されているのです。

 

野菜嫌いのお子様におススメなのは青汁

サプリメントと言っても色々な種類がありますが、野菜嫌いのお子様におススメなのは青汁。

 

最近では子ども用の飲みやすい青汁が世に出てきているので、じわじわと流行りつつあるのですよ。青汁の独特の青臭い匂いが全くなく、むしろ美味しくごくごく飲める!と聞くと、これは試さないわけにはいきませんよね。

 

しかも、野菜嫌いを無理に克服することなく、野菜の栄養価以上の栄養が摂れるのであれば、一石二鳥です。

 

 

でも子供に青汁を飲ませても大丈夫なのかもわからないですし、添加物などの安全性が気になりますよね。それこそ子供が飲みやすい青汁があると言ってもやっぱりまずいんじゃないの?そんな疑問もあると思います。

 

品質が安全でかつ子供が飲みやすい青汁をいろいろ探してみましょう。

 

→子供に安心して青汁を飲ませるための方法はこちら

 

 

だから神経質になる必要はないのです

だから、野菜嫌いのお子様を持っても神経質になる必要はありません。

 

青汁のような手軽に摂れるサプリメントを上手に活用しながら、少しずつ克服していけば良いのですよ。昔のように野菜嫌いを克服させようと、無理やり食べさせるというやり方はもう時代遅れ。

 

事実、筆者も2人目の長女の野菜嫌いにはホトホト疲れ果てていた時期があります。今思うと、こういうサイトを先に見ておけば良かったと思います。なので、同じように悩んでいる人のために、色んな角度から子どもの野菜嫌いを見ていきますね。